4月23日(火)、茨城県警察 水戸警察署の方を講師にお迎えし「交通講話」を実施しました。
P1170020
まず最初に、茨城県内の交通事故情勢についてお話しいただきました。令和5年度県内交通事故死者数は全国順位ワースト10位だったそうです。
そして、茨城県内の事故のあった場所にバツ印を付けてみたという言葉と共に、茨城県がほぼ真っ赤になった地図が表示されると学生たちからは驚きの声が上がっていました。
P1170029
その後、実際の事故映像などを見て注意点などを確認しました。

また、「NG運転 ありがち7選」という映像では、手の平ハンドルや不適切ウィンカー、薄暮の無灯火など運転に慣れてくるとやりがちな事例が紹介されました。
そして、講師の先生から「交通社会はコミュニケーションで成り立ち、交通ルールを守って慎重な運転をすることで、自分やほかの人を守ることになる」とのお話がありました。

楽しい学校生活を送るためにも安全に気を付けて過ごしていきましょう